カクテル梅酒が精油を生んだ!/KISHU-WAKA:中野BC株式会社(和歌山県海南市)

蒸留という技術。

精油を作るためには欠かせない技術ですが、もとは焼酎等お酒の蒸留の技術として日本に伝わりました。
そういう視点から見ると、焼酎などの蒸留酒を手掛けける中野BC株式会社が精油作りをしているのもつながりを感じます。
でも、蒸留という技術を持ちながら、精油作りをしている酒造メーカーは他にはありません

IMG_0839.JPGそして、中野BC株式会社も焼酎を作っているだけだったなら、精油作りにはつながっていなかったのではないかと思うのです。
中野BC株式会社と精油作り。それがつながったのは、”梅酒”がきっかけ。
といっても、梅の精油を作っているのではありません。

※写真は本社に行かないと購入できない量り売りの梅酒


中野BC株式会社では和歌山の梅を使って梅酒作りをしています。
和歌山と言えば梅の産地ですものね。
残念ながら、梅酒の製造量トップの会社は他府県なのだとか…
でもね、量の問題じゃないんです。中野BC株式会社は梅酒の種類では圧倒的にトップだと思います。

和歌山の柑橘系をはじめとした果物の恵みを使った梅酒(カクテル梅酒/果汁を配合した梅酒)を手掛けておられるのですが、その数40種類!!

40種類の梅酒ってすごい!!

カクテル梅酒に必要な果汁のうち、柑橘系の果汁は地元有田市にある株式会社伊藤農園から提供を受けているそう。

IMG_0842.JPG株式会社伊藤農園は、創業1897年!100年以上続く農園で、提携農家の皆さんとともに、農薬を減らしたり有機肥料にこだわって果樹を育ている場所。

さらにジュースを絞るところにも工夫が。
昔からの手絞りの工程を再現した製造方法で、二つに切った柑橘系果物を絞るため、皮を傷つけず、果肉だけをジュースにすることができるのです。
そのジュースのおいしさはもちろん保証済み。

今まではその皮は廃棄していましたが、全く傷つかずの皮。
精油成分が逃げずに残った皮がもったいない…ということから、取引関係にあった中野BC株式会社に相談があったのがKISHU-WAKAの始まりでした。

IMG_0843.JPGとはいえ、精油を作るにはお酒の蒸留装置ではできません。
必要となるのは、精油を作るための特別な蒸留装置ですが、ここにもプロの技術が詰まってます。
株式会社本村製作所の精油蒸留装置。私が惚れた装置です。

中野BC株式会社が使っていた装置が、以前九州でご紹介した株式会社本村製作所のものだったのも一つのご縁だったのかもしれません。

材がある。
装置がある。とはいえ良い装置を使うにはそれなりの予算が必要。

それにやってみると分かりますが、材と装置があるからといって、誰でも簡単にビジネスにできるほど精油作りは甘くありません。

材の下処理、加熱温度、加熱時間…

和歌山県の補助事業を活用しながら、2年間の試験期間を経て、KISHU-WAKAが誕生したのです。

KISHU-WAKAのプロジェクトにかかわっているのは、5人の女性のメンバー。
経営陣は男性ですが”アロマは女性だろ”と社内人選が行われ、女性だけのチームが頼ん定しました。とはいえ、精油の抽出はちょっと力仕事なので男性の担当。笑

抽出しているところを見学させていただきましたが、精油を作る前の成分がたくさんある皮の香りと抽出後の皮の香りを比べると、精油成分がしっかり抽出されていることがわかる香りの変化。

精油が良い香りなのは知っていても、材の変化をかぐことこなかなかないので貴重な体験でした。ちゃんとよい香り=芳香成分が抽出されてるんだなってわかる瞬間はワクワクしますね。

IMG_0833.JPGさて、5人の女性で始まったプロジェクトは精油の知識もない状態からのスタートでした。
水蒸気蒸留という方法で何かを抽出する技術は、酒造で培ったノウハウがある為自信はありましたが、精油というもの自体や、それを販売するには知識が必要。
アロマの奥深さを勉強しながら、お客様に伝えることの難しさとジレンマを感じる日々。

精油って、薬理作用のある成分をたっぷり含んでいますし、効果効能を伝えたくなりますが、そこには”薬事法”などの法規制がかかります。
良いものを、法に抵触せずどう伝えていくのか。これは日本産の精油だけではありません。アロマセラピーが日本に入ってきてから今日に至るまでの課題なのです。

とはいえ、私は精油が薬にはなって欲しくないんです。今のように気軽に使えるものであって欲しいです。
だからこそ、私たちアロマセラピストや生産者が正しい情報を発信しなければならないとも思います。

ちょっと話がそれてしまいました。

日本の精油のガイドブックのような本はまだ販売されていませんし、日本産精油が認知されだしたとはいえ、まだまだ精油は海外のものが主流。

IMG_0844.JPG海外に比べ小ロットな日本の精油の成分分析をイチからやり、品質の担保をするには、相当なコストがかかります。精油って自然のものなので、ロットによってばらつきが大きいんです。
合成物のように、いつでも同じというわけにはいかない。そしてロットが小さければその分ばらつきも大きくなります。それも良さの一つだと思うんですけどね。

次回は中野BC株式会社が抽出する精油から2つをピックアップしてご紹介。
お話を聞かせてくださった妹尾さんイチオシの精油と、私イチオシの精油。

どちらもKISHU-WAKAにしかない精油です。



今回お邪魔した和精油メーカー

中野BC株式会社(KISHU‐WAKA)
642‐0034
和歌山県海南市藤白758-45
TEL:073(482)1234/ FAX: 073(482)2244

中野BC株式会社 妹尾綾さんは2018年3月14日、21日のラヘラジに登場してくださいました。

詳細はラヘラジのWEBページでチェックを!


※放送時間こちらにアクセスし、▶のボタンをクリックすると放送が流れます

≫放送日を過ぎた番組はこちらから視聴可能♪

≫放送内容に合わせたアロマレジュメはこちらから
放送日の午前中にレジュメが届きます♪ 

*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*
インターネットラジオfmGIG 古山順子のラヘラジ
毎週水曜日 昼12:00~12:30
スマホ、PCで、日本全国、全世界!どこでも聴けます!
アロマの力で心も体も幸せに!
あなたの心に寄り添うセラピスト 古山順子
letter@lahella.jp
*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*



アロマ&ホットストーンラヘラ

ラヘラアロマ&トリートメントスクール

インターネットラジオ古山順子のラヘラジ


少年が夢見た酒作りから生まれた精油/KISHU-WAKA:中野BC株式会社(和歌山県海南市)

2018年1月のある日。
爆弾低気圧が関西を直撃し、無事にたどり着けるだろうかと不安になりながら出発した和歌山への旅路。

IMG_0811.JPG
事前にHPをチェックを確認すると、”日本庭園”、”白鳥”の文字が。
中庭のような小さなお庭があるのかなと思ったり、白鳥ってオブジェ?と思ったり…

酒造メーカーで精油作りで日本庭園ってどんな場所なんだろうとちょっとわくわくしながら到着し、守衛さんに目的を告げ酒樽の前で待っていると、小柄でかわいらしい妹尾綾さんが迎えに来てくださいました。

「まずは庭園と館内をご案内しますね」と本来は団体さん対応と思われるガイドの方とお二人で私をステキな日本庭園へといざなってくださいました。

IMG_0809.JPG
庭園を入るとすぐに目に入る大きな池は、1950年代初めに焼酎の冷却水の貯水用として作られたもので、近くを流れる川から水を引き入れているそうです。
現在は約100匹もの色鮮やかな錦鯉が泳ぎ、白鳥がかわいい表情を見せてくれる鑑賞池として私たち訪問者を迎え入れてくれます。

でもなんで白鳥なんだろう??
かわいいからまぁいいか…笑

IMG_0817.JPG
池の周りをぐるっと回るように散策し、その後は焼酎、清酒、梅酒を製造する工程を見せて頂きました。
目の前にそびえたつ日本酒のタンクはなんと高さ9メートル!!
見上げてもてっぺんが見えないくらい大きい!

梅酒のタンクの窓からは、たくさんの梅の実を見ることができます。

IMG_0820.JPG場所を移動するとそこには大きな酒樽を再利用したテーブル。
試飲会やイベントの会場になったり、スライドの上映をしたり…

この日は清酒作りに使用する酒米を並べて見せて下さいました。

酒米の町、兵庫県三木市生まれですが、酒米を実際に見たのは初めてかも?

そのあとも、梅を使った健康食品の試食、試飲…と施設内を大満喫。
精油の取材に来たことをしばし忘れ、楽しい時間を過ごしました。

IMG_0845.JPG中野BC株式会社は、昭和7年に醤油作りからスタートした老舗企業。
今はお酒のほか、アロマセラピーに使用する精油まで手掛ける会社です。

その歴史は、創業者である故中野利生氏がお酒作りにあこがれを持って過ごした少年時代までさかのぼります。

当時は酒作りはお金持ちがやる仕事。
あまり裕福ではなかった利生氏は、「将来自分もお金持ちになる!」という信念を持ち続け、その発端として醤油作りを始めたのだとか。

その後、酒作りをスタートするチャンスが。
最終目標は清酒ですが、当時免許が採りやすかった焼酎に着手。
その蒸留ノウハウが平成も終わる頃になって精油作りという新たな分野に活用されているのですから、歴史ってすごいです。

いきなり清酒だったら、蒸留の技術、無しですもんね…

焼酎の銘柄は【富士白】
海南市の藤城にある中野BC株式会社であること、そして、日本一の富士山にちなみ冨士城と名付け、品質の高いものを作ろうと取り組まれたそうです。

利生氏がお酒作りに憧れを抱かなければ出会うことが無かった、ここにしかない柑橘系の精油。

そのきっかけや取り組みのお話はまた次回。



今回お邪魔した和精油メーカー

中野BC株式会社(KISHU‐WAKA)
642‐0034
和歌山県海南市藤白758-45
TEL:073(482)1234/ FAX: 073(482)2244

中野BC株式会社 妹尾綾さんは2018年3月14日、21日のラヘラジに登場してくださいました。

詳細はラヘラジのWEBページでチェックを!


※放送時間こちらにアクセスし、▶のボタンをクリックすると放送が流れます

≫放送日を過ぎた番組はこちらから視聴可能♪

≫放送内容に合わせたアロマレジュメはこちらから
放送日の午前中にレジュメが届きます♪ 

*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*
インターネットラジオfmGIG 古山順子のラヘラジ
毎週水曜日 昼12:00~12:30
スマホ、PCで、日本全国、全世界!どこでも聴けます!
アロマの力で心も体も幸せに!
あなたの心に寄り添うセラピスト 古山順子
letter@lahella.jp
*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*



アロマ&ホットストーンラヘラ

ラヘラアロマ&トリートメントスクール

インターネットラジオ古山順子のラヘラジ


お酒+アロマ+白鳥=※▶☆…:KISHU‐WAKA(和歌山県海南市)

柑橘系の和精油を作っているところに行きたい!

そう思い、候補を絞っていた2か所。
高知県と和歌山県。

高知県には精油を作っているメーカーさんが複数あるし、ちょっと距離があるので九州の時のように旅になるなぁ…
でもユズのシーズンに行きたいなぁ…

IMG_0803.JPG
なんて思っていたのですが、今私のアロマトリートメントサロンで使わせていただいている高知の和精油メーカーさんに連絡すると、「機材入れ替えの為、取材は春以降に」、となったのでこの冬に行く場所は和歌山県に決定!

フルーツ王国和歌山。

和歌山にしかない柑橘から精油を抽出している場所で九州に行く前から気になっていたメーカーさん。

それが、KISHU―WAKAをプロデュースされている、中野BC株式会社。


中野BC株式会社は、古くからある酒造メーカー。
なぜお酒やさんが精油?

IMG_0026.JPG
その答えは、中野BC株式会社を訪問する前に、九州で半分見つけてしまいました。

九州の精油メーカー未来アロマの舟山さんからの紹介で訪問した株式会社本村製作所。

※写真は本村社長と蒸留装置

「この装置、どこかで見たことある…もしかして…焼酎つながり?」

確信が持てず、
「和歌山に酒造メーカーさんが精油を作っているところがあって、そこも取材させて頂こうと思って…」
なんて話を本村社長にすると、
「中野BCですか。」
と即答が。

やっぱり焼酎つながりでした。

IMG_0843.JPG本村製作所の蒸留装置を使っているなら、品質は間違いないと改めて確信した私は、早速中野BC株式会社に連絡をしたのでした。

※写真は中野BC株式会社。上の写真と同じ蒸留装置!

例のごとく、突然、しかも年末に送った見学と取材依頼を送信。
そんな時期にもかかわらず、
「どうぞ、お越しください。精油を抽出しているタイミングが良いですよね」
とご連絡くださったのは妹尾さん。

男性?女性?

そわそわしながらやりとりをし、ついに訪問の日。2018年1月。

この日は、爆弾低気圧が関西地方を直撃し、豊中もほんのり雪化粧。
和歌山へ向かう高速道路も、道には雪がないものの、道路脇の樹々にはそれなりの雪。
拘束から見下ろす田舎の風景も真っ白。

私、ノーマルタイヤでたどり着けるんだろうか…
と不安にもなりましたが、中野BC株式会社のある海南市が近づくにつれて、雪はなくなりお天気も快晴!

IMG_0809.JPG
海南インターを降りて2分もかからない場所にある中野BC株式会社で私を出迎えてくれたのは、小柄でかわいらしい妹尾さん(女性♪)と3匹の雪のように真っ白な白鳥でした。

酒造メーカーになぜ白鳥?!

新たな疑問は次回のブログで解消しましょう。笑




今回お邪魔した和精油メーカー

中野BC株式会社(KISHU‐WAKA)
642‐0034
和歌山県海南市藤白758-45
TEL:073(482)1234/ FAX: 073(482)2244

中野BC株式会社 妹尾綾さんは2018年3月14日、21日のラヘラジに登場です!


詳細はラヘラジのWEBページでチェックを!


※放送時間こちらにアクセスし、▶のボタンをクリックすると放送が流れます

≫放送日を過ぎた番組はこちらから視聴可能♪

≫放送内容に合わせたアロマレジュメはこちらから
放送日の午前中にレジュメが届きます♪ 

*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*
インターネットラジオfmGIG 古山順子のラヘラジ
毎週水曜日 昼12:00~12:30
スマホ、PCで、日本全国、全世界!どこでも聴けます!
アロマの力で心も体も幸せに!
あなたの心に寄り添うセラピスト 古山順子
letter@lahella.jp
*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*



アロマ&ホットストーンラヘラ

ラヘラアロマ&トリートメントスクール

インターネットラジオ古山順子のラヘラジ



続きを読む

人気記事