日本産精油の原点を訪ねる旅:開聞山麓香料園(鹿児島県指宿市)

どうしても訪問したかった場所。

鹿児島県指宿市にある開聞山麓香料園。

さかのぼること2年前。サロンを開業して3年目のころ。
日本の精油に興味を持ち、yuicaのインタープリター資格認定講座を受講しました。
それと同時進行で、日本原産のハーブの勉強も。

002de400be98597709f327ca32c6fdcf_s.jpg日本産の精油に着目したアロマセラピーはyuicaを中心とするいくつかのメーカーが中心として進めてくださったおかげで、日本産精油を手にする機会が増えました。

でも、もっと前から日本で作られていた精油があるんですよね。

例えば、薬局で販売している透明ボトルに緑のラベルの薄荷油。

日本に水蒸気蒸留機の原型であるランビキが入ってきたのだってずいぶん昔のこと。

日本の精油抽出の起源っていったいいつなんだろう。
どのアロマの本にも書いていないことがどうしても知りたくなった2年前。

一度気になりだすととことん調べないと気が済まない私。

いろいろな検索ワードで調べても出てくるのはWikipediaに書いてある、ちょっとした表記だけ。

e3722ff8272cc8fe973385990feb339b_s.jpg
日本では明治から昭和にかけて北見で薄荷が生産されていた
  • 富良野のラベンダーが有名
  • 岡山でゼラニウム栽培をしていた歴史がある(←岡山とゼラニウムの組み合わせは間違い。岡山はラベンダー。ゼラニウムは八丈島。)

確かこんな感じ。

※2年経つと、Wikipediaもどなたかが更新をされ今は割と詳しい情報が出てきます。このページも検索上位に表示されるようになるとよいのだけど…


何度も検索をしていると、どなたかが情報を更新してくださるのか、検索条件により合う情報が出てくるのか、とある香料会社の名前が。

それが、大正4年創業の曽田香料株式会社でした。
※実はファーム富田の歴史のページにも曽田香料の名前が出ているのですが当時は気付かなかった…。

ここに日本の精油のルーツのヒントがあるかもしれない!

深夜にワクワクしながら曽田香料を検索した記憶があります。
※曽田香料創始者、曽田政治氏の功績は一般財団法人曽田香料植物研究所のHPに詳しく載っています。

そこに出ていたのは、”指宿”と”ゼラニウム”の文字。
このワードで検索したどり着いたのが、他でもない開聞山麓香料園だったのです。

IMG_9845.JPG開聞山麓香料園を訪問したのは2017年10月のこと。
朝イチの飛行機で鹿児島入りし、午前中は鹿児島空港からほど近い鹿北製油へ取材訪問。

その後、高速を南下し、指宿へ。

ハイウェイを走る途中に見た桜島。
美しい。

山と海を満喫しながらしばしドライブ。

IMG_9881.JPG途中、道路のわきに生える紫色の葛の花に魅かれ、車を停めたい気持ちをぐっとこらえ…
どこでお昼を食べようかしらなんて考えっていると、すぐそこにそびえる山。

これが開聞岳。

大自然広がる平野にドンとそびえる開聞岳、間近で見ると迫力があります。

もうここまで来たら、ランチは迷うことなく開聞山麓香料園の中のカフェにしよう。

角を曲がりしばらく走ると、目的地に到着。
歴史を感じる日本最古のハーブ園の入り口。
ワクワクしながら敷地の中へ。
心残りなのは、敷地の入り口の写真を撮り忘れたこと。笑

IMG_9870.JPG中へ入った私を迎えてくれたのは大きな大きな芳樟の木。
車を停め、ドアを開けるとふわっを甘い香りが立ち上ります。

あれ?今日は精油の抽出をしていないと聞いていたのに…
と香りの発信源をたどると、それは私の足元!

タイヤで踏んだ芳樟の落ち葉から香りが立ち上っていたのです。
建物の右には、芳樟ガーデンにつながるアーチと看板。
ガーデンは取材の時にと、空腹を満たすために喫茶コーナーへ。

取材に来たことを告げず入ったので、きっと、平日昼間に一人で来た女性客、怪しかっただろうな。笑

IMG_9851.JPG注文をしたのはトマトスープのおじやとアイスのレモングラスティ。
余談ですが、レモングラスティ。
昔は好きじゃなかったんです。
ところが、私の地元兵庫県三木市で栽培されたレモングラスのお茶を飲んだ時から、日本産のレモングラスのファンに。

この後の、開聞山麓香料園の園長宮崎泰氏との会話の中で、”輸入されているハーブの一部はミイラのにおいがする”という言葉が出てきたのですが、(宮崎さんは長年ペルーで遺跡の発掘に携わっておられたので、ミイラのにおいご存じなんです)確かに、昔のんだ外国産の安いレモングラスティは死んだ味だったのでしょうね。

三木市のレモングラスは生きたハーブの味。

もちろん、開聞山麓香料園で飲んだレモングラスティも。

きっと宮崎さんがペルーで飲んだレモングラスティも生き生きした味だったんだろうな。
※ペルーとハーブと宮崎さんのお話はぜひ著書「日本で初めてのハーブ農園 天然香料の力」をお読みくださいね。

お腹もいっぱいになり、時間も良いころ。
喫茶の隣の建物、花と香りの店に移動し、やりとりをしていた副園長の宮崎利樹さんとご対面!!


いよいよ、知りたかった日本の精油の歴史を、生きた言葉で聞く時間のスタートです。



今回お邪魔した和精油メーカー

開聞山麓香料園
〒891-0602
鹿児島県指宿市開聞川尻6229
TEL:0993-32-3321

詳細はラヘラジのWEBページでチェックを!


宮崎氏は2017年12月放送のラヘラジにゲスト出演してくださいました。

※放送時間こちらにアクセスし、▶のボタンをクリックすると放送が流れます

≫放送日を過ぎた番組はこちらから視聴可能♪

≫放送内容に合わせたアロマレジュメはこちらから
放送日の午前中にレジュメが届きます♪ 

*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*
インターネットラジオfmGIG 古山順子のラヘラジ
毎週水曜日 昼12:00~12:30
スマホ、PCで、日本全国、全世界!どこでも聴けます!
アロマの力で心も体も幸せに!
あなたの心に寄り添うセラピスト 古山順子
letter@lahella.jp
*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*



アロマ&ホットストーンラヘラ

ラヘラアロマ&トリートメントスクール

インターネットラジオ古山順子のラヘラジ



この記事へのコメント

人気記事