生きた香りがする精油:開聞山麓香料園(鹿児島県指宿市)

2017年秋に訪問した開聞山麓香料園。
前回のブログは、日本で精油を抽出することになった頃のお話を書かせていただきました。

実は…
日本で天然香料として精油を抽出するに至った経緯は、曽田香料初代社長も、開聞山麓香料園の園長も、誰も文字で残していないんです。

IMG_9856.JPG今回の訪問で、私もお話は伺ったのですが、事の詳細を書くのはNG。
日本の香料会社の社長と、植物栽培のプロが、そのプライドをかけて、相当の苦労をものともせず、作り上げた歴史がある、ということだけここに記しておきます。

ホウショウ、ローズゼラニウム、ラベンダー。

栽培に適した地域を探し、その土地の農家さんに契約栽培してもらったハーブから、精油抽出をしていたのは曽田香料だという事実。

開聞山麓香料園の園長、曽田泰さんは、「自分はその当事者だから、あまり言ったり書いたりすると、ライバルをやっつけようとしてるみたいでよくないから」と言葉を濁された部分もありました。

5425ab862f991dd208ccd6f18d3ddb75_s.jpgでも宮崎さん、日本で今ラベンダー精油といえば…という会社のHPにもちゃんと書いてありました。

1937年曽田政治氏がラベンダーの種をフランスから入手し、1973年曽田香料がラベンダー精油の買取をやめるまでのこと。
そして富田氏が1980年に独自で精油の抽出を始めた(それまでは富田氏はラベンダーの栽培をはしていたが精油の抽出はしていなかった)ことが。

ラベンダーへの想いを捨てず、あきらめず、1980年に独自に精油の抽出を始めるほどの富田氏の情熱は素晴らしい。
でも、そのことだけが取り上げられ、もっと古い歴史、1937年に曽田香料の創始者曽田政治氏が日本で精油抽出の第一歩を切り開いたこと、そのパートナーとして宮崎巌氏がいたことを、アロマセラピーに関わる人には知ってもらいたいと思います。


IMG_9866.JPGさて、他にもたくさんお話を伺ったのですが、これは書いちゃダメの連続だったので…笑
時代を一気に今に戻し、今の精油抽出のお話を。

ここ開聞山麓香料にある水蒸気蒸留の装置。
戦前から使われている500キロ窯。存在感大!です。
そしてその他100キロ窯が3基。規模が違う。

今の日本の精油メーカーさんの装置は大きくても100キロ窯。
もっと小さい機械を使っているところもたくさんあります。

小さい蒸留器のところは、小さい方が良いという。
大きい蒸留器のところは、大きい方が良いという。

それぞれに適したやり方があるのだなぁと思うのですが、この大きさの窯を人の手で操作しているのだからすごいよなぁ。

蒸留するハーブは400キロ超。準備だけでも大変…

訪問した日は蒸留をしていなかったのですが、ハーブを詰めるにもコツがあるそうで、スカスカでもダメ出し、ぎゅうぎゅうでもダメ。

今は副園長の利樹さんが蒸留を一手に引き受けているそうですが、巌氏の代から蒸留に携わってきた職人さんのの元で修業をし、そのお墨付きがあるのだとか。
園長の泰さん曰く、「手前味噌ですが、日本でこの規模の装置を扱えるのは利樹だけ。」

※写真:「こうやって…」とデモンストレーションしてくださる利樹さん。何も入ってなくても重たそう…

IMG_9863.JPG蒸留の終わったハーブが工場の外に積まれていましたが、香りはほとんどなし。
余すことなく精油成分が抽出されていることが分かります。
抽出が終わった材からもいい香りのする精油工場もたくさんありますから、これだけでも抽出の技術の高さがうかがえます。

抽出後のハーブは土にかえり、ハーブガーデンへ。
この土地の中で、生態系サイクルが完結しています。

「ハーブガーデンと言っても、見るためのものでもないので…」

と利樹さんが案内してくださった場所。
季節的に花の少ない時期だったのですが、うん、確かに。笑
芳樟の木に囲まれたエリアには、雑草もたくさん生え、一見どこにハーブがあるのか分かりません。
でも、
IMG_9852.JPG「これがローズマリー、これがゼラニウム、これがティーツリー、これがレモングラス…」
と葉をちぎって渡されるハーブたちはどれもかぐわしい。
その場にポイとすることができず、大切に持ち帰り、泰さんの本の間に挟んで押し花に。

何か月もたちますが、まだいい香り。
こんなハーブから精油を抽出してるんだから、いい香りの精油ができて当然!

購入したゼラニウムやホウショウ、そしてお土産に頂いたレモングラス。
どれも香りが濃いのに優しい。

IMG_9853.JPGそして、工場の冷蔵庫から取り出して香りをかがせてくださった芳香蒸留水。
こんなにもかぐわしいのか!と驚いたローズマリーの香りが忘れられません。

※ローズマリー畑の写真

きっと、新鮮なハーブを一気に蒸留するから、水溶性の芳香成分も豊富で生き生きしているんだな。

ゼラニウムは戦前から持っていたものを。
ホウショウは曽田香料が農場を持っていた台湾から持ち帰った種を。
レモンユーカリ、カユプテ、ティーツリーは巌氏が終戦時、ニューギニアの戦場でもらった種から。
その他のハーブは、泰さんがペルーから帰国する時にもらった種から(それでも40年くらいたってるとのこと)

IMG_9858.JPG開聞山麓香料園の土と気候に合うタイミングで植え、育て、何代も受け継いできた植物の力。

大切に守ってきた宮崎さん親子の愛情。

そしてここにしかない精油を抽出する技術が、この香りを生み出しているんです。

開聞山麓香料園のHPに書いてある言葉。
「精油は人の手によって作られた農産物です。
精油の一滴一滴には自然の恵みと、人の手間ひまが凝縮されています。」

まさにその通り。

精油の蒸留装置も手軽な大きさ、金額で入手できるし、いつか自分の手で抽出した精油を作りたいと思っていたのですが、(今でも想いは変わらないのだけど)、この規模、この歴史を見るとそんな簡単なことではないと改めて実感です。

IMG_9879.JPG日本の精油抽出の歴史とともにここにある開聞山麓香料園の偉大さがわかるのとともに、新しい方法で精油を抽出することへの挑戦を続けている、新しい精油メーカーさんたちへの感謝と尊敬の念が、さらに深くなった訪問でした。

「次は精油を抽出している時に来てください。見学会の時でなくてもよいし」

そう言って送り出してくださった泰さんと利樹さん。
お言葉に甘え、次は精油の抽出の時、ハーブが生い茂る季節にまた来ます。

※写真右:園長宮崎泰さん、左副園長宮崎利樹さん
本当にありがとうございました!




今回お邪魔した和精油メーカー

開聞山麓香料園
〒891-0602
鹿児島県指宿市開聞川尻6229
TEL:0993-32-3321

詳細はラヘラジのWEBページでチェックを!


宮崎氏は2017年12月放送のラヘラジにゲスト出演してくださいました。

※放送時間こちらにアクセスし、▶のボタンをクリックすると放送が流れます

≫放送日を過ぎた番組はこちらから視聴可能♪

≫放送内容に合わせたアロマレジュメはこちらから
放送日の午前中にレジュメが届きます♪ 

*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*
インターネットラジオfmGIG 古山順子のラヘラジ
毎週水曜日 昼12:00~12:30
スマホ、PCで、日本全国、全世界!どこでも聴けます!
アロマの力で心も体も幸せに!
あなたの心に寄り添うセラピスト 古山順子
letter@lahella.jp
*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*



アロマ&ホットストーンラヘラ

ラヘラアロマ&トリートメントスクール

インターネットラジオ古山順子のラヘラジ



時は昭和16年。そんなころから精油を?!:開聞山麓香料園(鹿児島県指宿市)

鹿児島県指宿市にある開聞山麓香料園。

IMG_9849.JPG事前にやりとりをしていた副園長の宮崎利樹さんとご挨拶した後は、再び喫茶スペースへ移動し、園長の宮崎泰さんとご挨拶。

前回のブログにも書いた通り、宮崎泰さんは私が訪問する少し前に著書を出版されました。
九州に向かう飛行機の中でその本を読み返していたのですが、情景が浮かんでくる文章とハーブの写真。
その本を書いた、早く会って話を聞きたいと思っていた方が目の前に!

IMG_9879.JPG※右:園長宮崎泰さん、左副園長宮崎利樹さん

著書の中には、精油抽出の最盛期のことの記載もあり、当時の様子をもっと深く聞けるんじゃないか。
日本の天然香料としての精油作りとともに生きてこられた方の、本には載っていない想いを知りたい。

はやる気持ちを抑えきれず、さっそくインタビュースタート。

早く話が聞きたくて、録音をすっかり忘れていた私。
(他のメーカーさんでも同じことをやらかしてます…笑)

話が少し進んだところで気付き、
「スミマセン、宮崎さん、お話録音しても良いですか?」
とお願いすると、
「でははじめから話しましょう」
と、もう一度イチからお話をしてくださった宮崎さん。ありがとうございます。

ここからは、著書のなかやHPにも載っていることも含まれますが、開聞山麓香料園の歴史を綴ってみたいと思います。

時代はさかのぼること昭和16年。大東亜戦争(太平洋戦争)のころ。
日本国内でも香料作らなければという流れになったころ。
園長泰さんのお父様と伯父様が持っていたローズセンテッドゼラニウムに目をつけたのが、曽田香料の初代社長曽田正治氏でした。

e3722ff8272cc8fe973385990feb339b_s.jpgローズゼラニウムにはゲラニオールがたくさん含まれます。
当時の香料といえば、合成香料ではなく、植物から抽出される精油そのものや、ある成分を分離して作る天然香料原料。
ローズゼラニウムに含まれるゲラニオールは質も良く、香りも優れていることから、ローズゼラニウムの栽培に着手します。

香料として精油を抽出するにはそれ相当の量が必要。
泰さんの伯父様が栽培できる土地を求め九州を南下。
当初、指宿が候補だったそうですが、土地代が高かったこともあり、開聞岳の南斜面(冬でも雪が降らない温かいエリア)、川尻集落に居を構え、地元の青年団長を30人ほど雇い入れ、ゼラニウムの栽培をスタートします。

その広さ、五丁歩(約5万平米、東京ドームよりも広い!)

IMG_9865.JPG語呂合わせではありませんが…
昭和18年には18㎏の精油抽出に成功!
※写真は精油抽出装置。当時から使用しているものでこの大きさ(500キロ窯)の機械はここにしか残っていません。

ゼラニウム精油の採油率って0.2%前後なんていわれていますから、どれくらいの規模でやっていたか、わかるでしょう?
日本でこんな規模、今、できないです。

そのゼラニウム精油を、東京の曽田香料で成分分析をしたところ、フランス産に劣らない質であることが証明されます。

これは使える!とさらなる量産を決めます。

ところが、地元の農家100戸以上が協力を約束し、体制が整った矢先。
大東亜戦争の戦況により、栽培を中断せざるを得なくなります。

お父様は出兵。
工場は数人の社員を残すのみ。

実質上の閉鎖…

戦時中、農作物の栽培に切り替えざるを得なくなった畑の片隅で、お母様はローズゼラニウムの親株を大事に守り育てます。
そして、昭和20年。復員したお父様とともに再度ゼラニウムの栽培を始めたのです。

IMG_0933.JPG10月に訪問したときに購入したゼラニウム精油。
「今年は採油がほんの少しで高いのですが…」とおっしゃられていましたが、今私の手元にあるゼラニウム精油は、昭和16年から守られてきた株の子孫。
すごく歴史のある精油なのだと思うと、その香りがまた愛おしい。

精油は海外からやってきたものと思いがちですが、昭和初期には日本でこのような規模で製造されていた事実。

また開聞山麓香料園以外でも、曽田香料は様々な精油の抽出をしていました。
例えば、
昭和12年にはジャスミンの精油を国産化することを目指し抽出を開始(これは商業ベースには乗らなかったようです)
昭和13年には日本のローズといわれるハマナスから精油の抽出を。
翌14年には北海道でラベンダー精油を。(このお話は次回に)
また日本のゼラニウムと並行して、モルッカ諸島などに農場を構え、ゼラニウムやカユプテ、クローブの精油抽出に着手しているのです。

今日本国内には、精油を抽出するメーカーさんどんどん増えてきました。
そのはるか昔から、ずーっと精油の抽出を続けてきた会社。

その場に来れたことを嬉しく思います。

ということで…
まだまだ続く開聞山麓香料園の精油の物語は次回へ続く。




今回お邪魔した和精油メーカー

開聞山麓香料園
〒891-0602
鹿児島県指宿市開聞川尻6229
TEL:0993-32-3321

詳細はラヘラジのWEBページでチェックを!


宮崎氏は2017年12月放送のラヘラジにゲスト出演してくださいました。

※放送時間こちらにアクセスし、▶のボタンをクリックすると放送が流れます

≫放送日を過ぎた番組はこちらから視聴可能♪

≫放送内容に合わせたアロマレジュメはこちらから
放送日の午前中にレジュメが届きます♪ 

*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*
インターネットラジオfmGIG 古山順子のラヘラジ
毎週水曜日 昼12:00~12:30
スマホ、PCで、日本全国、全世界!どこでも聴けます!
アロマの力で心も体も幸せに!
あなたの心に寄り添うセラピスト 古山順子
letter@lahella.jp
*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*



アロマ&ホットストーンラヘラ

ラヘラアロマ&トリートメントスクール

インターネットラジオ古山順子のラヘラジ

日本産精油の原点を訪ねる旅:開聞山麓香料園(鹿児島県指宿市)

どうしても訪問したかった場所。

鹿児島県指宿市にある開聞山麓香料園。

さかのぼること2年前。サロンを開業して3年目のころ。
日本の精油に興味を持ち、yuicaのインタープリター資格認定講座を受講しました。
それと同時進行で、日本原産のハーブの勉強も。

002de400be98597709f327ca32c6fdcf_s.jpg日本産の精油に着目したアロマセラピーはyuicaを中心とするいくつかのメーカーが中心として進めてくださったおかげで、日本産精油を手にする機会が増えました。

でも、もっと前から日本で作られていた精油があるんですよね。

例えば、薬局で販売している透明ボトルに緑のラベルの薄荷油。

日本に水蒸気蒸留機の原型であるランビキが入ってきたのだってずいぶん昔のこと。

日本の精油抽出の起源っていったいいつなんだろう。
どのアロマの本にも書いていないことがどうしても知りたくなった2年前。

一度気になりだすととことん調べないと気が済まない私。

いろいろな検索ワードで調べても出てくるのはWikipediaに書いてある、ちょっとした表記だけ。

e3722ff8272cc8fe973385990feb339b_s.jpg
日本では明治から昭和にかけて北見で薄荷が生産されていた
  • 富良野のラベンダーが有名
  • 岡山でゼラニウム栽培をしていた歴史がある(←岡山とゼラニウムの組み合わせは間違い。岡山はラベンダー。ゼラニウムは八丈島。)

確かこんな感じ。

※2年経つと、Wikipediaもどなたかが更新をされ今は割と詳しい情報が出てきます。このページも検索上位に表示されるようになるとよいのだけど…


何度も検索をしていると、どなたかが情報を更新してくださるのか、検索条件により合う情報が出てくるのか、とある香料会社の名前が。

それが、大正4年創業の曽田香料株式会社でした。
※実はファーム富田の歴史のページにも曽田香料の名前が出ているのですが当時は気付かなかった…。

ここに日本の精油のルーツのヒントがあるかもしれない!

深夜にワクワクしながら曽田香料を検索した記憶があります。
※曽田香料創始者、曽田政治氏の功績は一般財団法人曽田香料植物研究所のHPに詳しく載っています。

そこに出ていたのは、”指宿”と”ゼラニウム”の文字。
このワードで検索したどり着いたのが、他でもない開聞山麓香料園だったのです。

IMG_9845.JPG開聞山麓香料園を訪問したのは2017年10月のこと。
朝イチの飛行機で鹿児島入りし、午前中は鹿児島空港からほど近い鹿北製油へ取材訪問。

その後、高速を南下し、指宿へ。

ハイウェイを走る途中に見た桜島。
美しい。

山と海を満喫しながらしばしドライブ。

IMG_9881.JPG途中、道路のわきに生える紫色の葛の花に魅かれ、車を停めたい気持ちをぐっとこらえ…
どこでお昼を食べようかしらなんて考えっていると、すぐそこにそびえる山。

これが開聞岳。

大自然広がる平野にドンとそびえる開聞岳、間近で見ると迫力があります。

もうここまで来たら、ランチは迷うことなく開聞山麓香料園の中のカフェにしよう。

角を曲がりしばらく走ると、目的地に到着。
歴史を感じる日本最古のハーブ園の入り口。
ワクワクしながら敷地の中へ。
心残りなのは、敷地の入り口の写真を撮り忘れたこと。笑

IMG_9870.JPG中へ入った私を迎えてくれたのは大きな大きな芳樟の木。
車を停め、ドアを開けるとふわっを甘い香りが立ち上ります。

あれ?今日は精油の抽出をしていないと聞いていたのに…
と香りの発信源をたどると、それは私の足元!

タイヤで踏んだ芳樟の落ち葉から香りが立ち上っていたのです。
建物の右には、芳樟ガーデンにつながるアーチと看板。
ガーデンは取材の時にと、空腹を満たすために喫茶コーナーへ。

取材に来たことを告げず入ったので、きっと、平日昼間に一人で来た女性客、怪しかっただろうな。笑

IMG_9851.JPG注文をしたのはトマトスープのおじやとアイスのレモングラスティ。
余談ですが、レモングラスティ。
昔は好きじゃなかったんです。
ところが、私の地元兵庫県三木市で栽培されたレモングラスのお茶を飲んだ時から、日本産のレモングラスのファンに。

この後の、開聞山麓香料園の園長宮崎泰氏との会話の中で、”輸入されているハーブの一部はミイラのにおいがする”という言葉が出てきたのですが、(宮崎さんは長年ペルーで遺跡の発掘に携わっておられたので、ミイラのにおいご存じなんです)確かに、昔のんだ外国産の安いレモングラスティは死んだ味だったのでしょうね。

三木市のレモングラスは生きたハーブの味。

もちろん、開聞山麓香料園で飲んだレモングラスティも。

きっと宮崎さんがペルーで飲んだレモングラスティも生き生きした味だったんだろうな。
※ペルーとハーブと宮崎さんのお話はぜひ著書「日本で初めてのハーブ農園 天然香料の力」をお読みくださいね。

お腹もいっぱいになり、時間も良いころ。
喫茶の隣の建物、花と香りの店に移動し、やりとりをしていた副園長の宮崎利樹さんとご対面!!


いよいよ、知りたかった日本の精油の歴史を、生きた言葉で聞く時間のスタートです。



今回お邪魔した和精油メーカー

開聞山麓香料園
〒891-0602
鹿児島県指宿市開聞川尻6229
TEL:0993-32-3321

詳細はラヘラジのWEBページでチェックを!


宮崎氏は2017年12月放送のラヘラジにゲスト出演してくださいました。

※放送時間こちらにアクセスし、▶のボタンをクリックすると放送が流れます

≫放送日を過ぎた番組はこちらから視聴可能♪

≫放送内容に合わせたアロマレジュメはこちらから
放送日の午前中にレジュメが届きます♪ 

*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*
インターネットラジオfmGIG 古山順子のラヘラジ
毎週水曜日 昼12:00~12:30
スマホ、PCで、日本全国、全世界!どこでも聴けます!
アロマの力で心も体も幸せに!
あなたの心に寄り添うセラピスト 古山順子
letter@lahella.jp
*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*.:*



アロマ&ホットストーンラヘラ

ラヘラアロマ&トリートメントスクール

インターネットラジオ古山順子のラヘラジ

人気記事